2016年12月14日水曜日

Firestorm バージョン 5.0.1 が公開されました

Firestorm バージョン 5.0.1 (50527) が、本日公開されました。

Firestorm Update 5.0.1.52150 with BENTO! « Firestorm Viewer – The Phoenix Firestorm Project Inc.

Firestorm の公式サイトのダウンロードページからダウンロード出来ます。


今回のバージョンでは、公式ビュアーのバージョン 5.0.0 をベースとしたものになりました。
これにより、公式ビュアーの下記の要素が Firestorm にも取り込まれました。

  • アバターのスケルトンの拡張(Bento)
  • 描画の負荷の高い HUD に対して警告メッセージを表示する「HUD Complexity」
  • アウトフィットにサムネイル画像を付けられる「Visual Outfit Browser」
  • Windows での土地の動画の再生を QuickTime から VLC へ変更

などなど、公式ビュアー 4.0.7 以降の様々な改良や不具合修正が含まれています。

これにより、公式ビュアーと同等の最新の環境が Firestorm でも利用可能になりました。

詳しくは下記のページをご覧ください^^

天使になりたくて: セカンドライフ公式ビュアー バージョン 5.0.0 が公開されました
天使になりたくて: セカンドライフ公式ビュアー バージョン 4.1.2 が公開されました
天使になりたくて: セカンドライフ公式ビュアー バージョン 4.1.1 が公開されました
天使になりたくて: セカンドライフ公式ビュアー バージョン 4.0.8 が公開されました
天使になりたくて: セカンドライフ公式ビュアー バージョン 4.0.7 が公開されました

※Firestorm の方針で、公式ビュアーの機能がそのまま入っていない場合もあります


今回一番注目されている点は、「アバターのスケルトンの拡張(Bento)」への対応です。

公式ビュアーでは先日正式に Bento がサポートされましたが、ユーザーの利用率は Firestorm の方が圧倒的に多いため、“Firestrom が対応しないと本格的には利用出来ない”という状況が続いていました。

それがようやく、Firestorm でも Bento 対応ということになりましたので、これで事実上の「Bento 解禁!」となります^^/

Bento 製の製品は、Bento に対応していないビュアーでは正常に表示することが出来ません。
Firestorm をお使いの方は、今すぐアップデートしましょう!


その他、Firestorm 独自の改良や不具合修正も行なわれています。

アバターの表示設定

Firestorm では、「完全表示(Render Fully)」や「表示しない(Do Not Render)」に設定したアバターは、公式ビュアーとは違ってログアウトしても解除されません。
そのままでは誰を設定したか分かりづらいですので、世界メニューに「アバターの表示設定」が追加されました。

テクスチャーの再読み込み機能

プロフィール画像、グループの画像、インベントリのテクスチャーを画像ウインドウで表示している際に、画像を再読み込み出来るボタンが追加されました。


FPS表示(ステータスバー)

ステータスバーに、FPS 表示が追加されました。

時間表示の改良(ステータスバー)

ステータスバーの時間表示に、秒が表示されるようになりました。


RLV(Restrained Love)

RLVa が、バージョン 2.1.0 にアップデートされました。

Category:RLVa - Catznip

フォント

環境設定で変更可能なフォントに、Google Noto フォントが追加されました。

Google Noto Fonts


詳しくは、リリースノートや Inara さんのブログの記事での解説をご覧ください^^

firestorm_change_log_5.0.1.52150 [Phoenix Firestorm Project - Wiki]
Firestorm 5-0: Bento, VOB, VLC and more! | Inara Pey: Living in a Modem World

まだアップデートされていない方は、ぜひ最新版へアップデートしましょう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿