2016年12月11日日曜日

スキルゲームの開発者/運営者の募集が再開されます

セカンドライフでは、カジノや宝くじのような“運”が勝敗を左右する「ギャンブル」は 2007 年 7 月以降全面的に禁止されています。

ギャンブルは禁止されましたが、お金は賭けるものの、ユーザーの技能で勝敗を勝ち取ることが出来る「スキルゲーム」は、グレーゾーンとして残り続けました。

スキルゲームの代表的なゲーム機は、Zingo です。
昔からセカンドライフをされている方であれば、見たことがある!という方も多いと思います。

しかし、スキルゲームもお金を賭けるゲームであるため、現実世界の地域によっては禁止されています。

そこでリンデンラボは、2014 年にスキルゲームが出来る環境を制限する施策を導入しました。

Coming Soon: Skill Gaming in Second Life - Second Life

  • スキルゲームの開発者や運営者は、リンデンラボへ届け出が必要(ただし受付期間は限定)
  • スキルゲームの運営には専用の「Skill Gaming Region」の購入と、スキルゲーム専用のアカウントが必要
  • Skill Gaming Region 以外でのスキルゲームの運用は、アカウント停止などの措置を行なう
  • スキルゲームが許可されている地域からのみアクセス可能
  • スキルゲームの SIM は、19 歳以上の支払い情報がある人のみ、セカンドライフのアカウントで入場可能
スキルゲームの環境をアダルト大陸のように別の場所へ移して、セカンドライフへの接続もリアルの法律に沿って制限するという、かなり厳しい内容のものです。

このプログラムに応募して参入した人々が、現在スキルゲームを運用しています。

Skill Gaming Regions | Second Life


スキルゲームへの参入は、プログラムが開始された際に期間限定で受付が行なわれただけで、現在は新たに参入することは出来ません。

それが今回、新たに募集が再開されることが公式ブログで発表されました。

Second Life Skill Gaming Applications Will Reopen on January 3rd, 2017 - secondlife

受付開始は、2017 年 1 月 3 日からです。

詳しい情報は、FAQ のページに掲載されるそうです。


ただし日本では、ギャンブルはもちろん、お金を賭けるタイプのスキルゲームも法律では許可されていません。

お金を賭けること自体が法律で禁止されていますので…

海外のサーバーにあるものを遊ぶ場合も、“一般論として、法律違反に問われることがある”という政府の公式見解が出ているそうです。

一 日本国内から、インターネットを通じて、海外で開設されたインターネットのオンラインカジノに参加したり、インターネットで中継されている海外のカジノに参加することは、国内のインターネットカジノ店において参加する場合だけでなく、国内の自宅からインターネットを通じて参加する場合であっても、刑法第百八十五条の賭博罪に該当するという理解でよいか。
二 上記一の「日本に所在する者」にサービスを提供した者には、国内犯が適用されるか。すなわち、海外にサーバを置いて賭博サービスを提供する業者にも、賭博開帳罪(同法第百八十六条第二項)が成立し得るという理解でよいか。
三 賭博罪の成立要件とされる必要的共犯に関して、共犯者の片方(賭博に参加する者)が国内、もう片方(賭博開帳者)が国外に所在する場合に共犯関係は成立し得るのか。片方を罰する事が出来ない(非可罰的な)状態にあっても、両者による共犯関係を立証することが出来ればもう片方の者の罪は成立し得るのか。

賭博罪及び富くじ罪に関する質問主意書
一から三までについて
犯罪の成否については、捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断すべき事柄であることから、政府として、お答えすることは差し控えるが、一般論としては、賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法(明治四十年法律第四十五号)第百八十五条の賭博罪が成立することがあるものと考えられ、また、賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがあるものと考えられる。
衆議院議員階猛君提出賭博罪及び富くじ罪に関する質問に対する答弁書

ファイナルアンサー: オンライン賭博は違法である(木曽崇) - 個人 - Yahoo!ニュース

厳密には、
  • お金を賭けるタイプのスキルゲームを運用すること
  • お金を賭けるタイプのスキルゲームを遊ぶこと
いずれも日本国内ではアウトになってしまうそうですので、その辺は注意をしてください。

この辺は、昔はグレーゾーンと思われていた部分もあったところでしたけれど、現実世界の対応もようやく追いついてきたという感じですね。

最近は「カジノ法案」のニュースが話題になっていますけれど、こちらはオンラインカジノとは関係がありませんので、これが成立したからといってスキルゲームが遊べるようになる訳では無いそうです。


出来ないのに紹介したらダメじゃん…って思われるかも知れないですけれど、出来ないことを知らないでうっかりやってしまったということもあるかもしれませんので、念のために注意喚起としてご紹介しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿