2016年12月2日金曜日

セカンドライフのサービスの状況をお知らせする「Grid Status」がリニューアルされました

セカンドライフのサービスの状況をお知らせする「Grid Status」が、2016 年 11 月 29 日リニューアルされました。

Second Life Status

これまでの「Grid Status」は、公式ブログの一つという形で運用が行われていましたが、今回、「Grid Status」専用のサイトとして全く新しい形で生まれ変わりました。


サイトを開くとまず目に飛び込んでくるのが、現在の各サービスの状況が一覧の形で表示されている部分です。


現在は、下記のサービスの状況が分かるようになっています。
  • SecondLife Regions
  • Websites
  • Second Life Services
  • Inworld Services
  • External Support
各サービスのところにある「+」の表示をクリックすることで、そのサービス内にある各機能の状況も詳しく見ることが出来ます。


緑色の「Operational」という表示は、そのサービスが正常に運用されている状態を表しています。

メンテナンスや障害の際は、この部分の表示が変わります。
“メンテナンス中”の際は、水色の「Under Maintenance」という表示になります。


メンテナンスの予定や現在進行中の内容の詳細は、サービスの状況一覧の上に表示されます。


この部分は、今までに無かった全く新しい機能です。
現在のセカンドライフの状況が一目で分かりますので、すごくいい改善だと思います^^


障害の際の状況報告などは、サービスの状況一覧の下にある「Past Insidents」という部分に表示されます。


この辺は、以前のブログ形式のものと同様の内容になっています。


Grid Status が更新された際に通知欲しいという方は、サイトの右上にある「SUBSCRIBE TO UPDATES」ボタンから RSS フィードなどを通して更新情報を取得することが出来ます。


Twitter では、「@SLGridStatus」のアカウントで Grid Status の更新情報をチェックすることが出来ますので、こちらのアカウントをフォローされることをお勧めします。



ちなみに、今回のサイトの仕組みはリンデンラボで独自に開発したものでは無くて、Atlassian 社の「StatusPage」という製品を使用しているようです。

StatusPage | Atlassian

こういった製品を使うことで、より分かりやすい形で伝えようとしているのだと思われます^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿