2009年7月31日金曜日

Chiyo Linden さんのオフィスアワー、本日お休み

本日の Chiyo Linden さんのオフィスアワーは、
都合によりお休みだそうです。

行かれる予定だった方は、
ご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月25日土曜日

日本語版サポートポータル、少し延期

昨年から、「準備中」という話はありました、

日本語版サポートポータル

ですが、

 もう少しで公開!

だったそうなんですけれど…、


また少し、伸びちゃったそうですw


でも、徐々に進行しているそうですので、
近いうちに公開されるようですよ^^


サポートポータルというのは、
英語の公式サイトにあるサポート窓口のことです。



サポートポータル
http://secondlife.com/support/


英語版の方では、

 ・ナレッジベース
 ・サポートチケット
 ・サポートチャット

があります。


日本語版では、

 ・ナレッジベース
 ・サポートチケット

が、まず用意される予定です。


日本語版のナレッジベースは、
現在、Second Life Wiki 上で翻訳が進行中です。



現在「準備中」なのは、
サポートチケットの方です。

日本語版のサポートチケットが出来ると、
以下のような点が変わる予定になっています。

 ・現在のメールでのサポート窓口は廃止されます

 ・英語版と同様のサポートになります

住人にとって一番影響があるのは、
二番目の部分だと思います。

本来、セカンドライフのサポートは、
アカウントの種類や支払いの状況に応じて、
受けられるサポートの内容が違います。

 ・ベーシックアカウント
 ・プレミアムアカウント
 ・コンシェルジュサポート

メールサポートの間は、
アカウントの種別がメールだけでは判断出来ないため、
これらの区別無く、
みんな一律にサポートが行われていますが、
これはあくまでも、

 日本語版サポートチケット

が出来るまでの暫定措置です。

サポートチケットが出来ると、
チケットのフォームの段階で、
自分の受けられるサポート以外のものは選択出来なくなります。

この影響を一番受けるのは、
ベーシックアカウントの人です。

ベーシックアカウントは、
サポートチケットになると

 ・ログイン出来ないなどのログイン周りの問題

 ・支払いについて

といった限られた内容しか
サポートを受けることが出来なくなります。

もし、インワールドでの問題などに遭遇して
それらのサポートを受けたい場合は、
プレミアムアカウントになるか、
コンシェルジュサポートが受けられる状態にならなければいけません。

ここは、今までと大きく変わってきます。


もちろん、それが
今すぐ始まる…というわけではないですけれど、

そういう内容が着々と近づいてきているのはたしかですので、
この辺は今のうちから、
頭の片隅に置いておかれた方がいいと思います^^

 (Chiyo Linden さんのオフィスアワーより)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月24日金曜日

より環境にやさしいアイテム作りへ向けて

Babbage Linden さんの 7 月 15 日のオフィスアワーのログを見てたら、
興味深い内容が載っていたので紹介します^^



環境 SIM(Openspace)/ホームステッドのスクリプト制限に向けた、
SIM でのメモリの使用量調査が一段落したみたいで、

いよいよ、ビュアーに、
誰でもスクリプトの負荷が見れるインターフェースが
搭載されることになるそうです。

これまでも、
SIM オーナーやエステートマネージャーは、
ビュアー内蔵の SIM の管理ツール「地域/不動産」で

 ・SIM に置いてあるスクリプトの負荷

 ・SIM にいる人の装着物の負荷

  (装着物の合計の値が、アバター名で表示されます)

 ・SIM にある物理オブジェクトによる物理計算の負荷

といった情報を見ることが出来ました。


それに加えて、
現在開発中の新しいビュアーと
次期バージョンのサーバー Second Life Server 1.30 では、
以下のことも可能になるそうです。

 ・土地のオーナーは、
  自分の土地にあるアイテムのスクリプトの負荷を見ることが出来ます。

  また、ビーコン(標識)でそれらを指し示すことが出来、
  返却することも出来ます。

 ・SIM オーナーやエステートマネージャーは、
  SIM 内の全てのアイテムのスクリプトの負荷を
  同様に見ることが出来ます。

  (これは今出来ることと同じかも^^)

 ・住人は全員、
  自分が身に付けているアイテム(装着物)の
  負荷を見ることが出来ます。

今までは、
SIM の運営をされている方くらいしか
アイテムの負荷を気にされる方はいなかったと思いますけれど、

これからは、一般の住人の人も
そういうところを意識して生活する人が
増えてくるかもしれないですね^^

一方、スクリプトを作る人にとっては、
今までほとんど意識されなかった負荷の部分が、
目に見えて、
それも、誰にでも見れるようになっちゃうわけですから、
これは結構大きな衝撃だと思います。

もちろん、負荷が大きくても、
それが無いと実現出来ないような価値があるものもあったりしますので、

 負荷が大きいから悪い

といったことは一概には判断出来ないですけれど…、

これからは、スクリプトの負荷の面でも

 環境にやさしいアイテム作り

が求められる時代になってきそうです^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月23日木曜日

[変更]7/28、7/29、7/30 ローリングリスタート




Rolling Restart for 1.27.1 the week of 2009-07-27
http://status.secondlifegrid.net/2009/07/22/post698/


ローリングリスタートが、
来週行われます。


今回は、

Second Life Server 1.27.1


導入のために行われます。

現在ベータテスト中の 1.27.1 での修正点の中には、
「コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)」での
パーミッションの不具合に対しての対策が
含まれています。



(Second Life Beta Server の内容は、
プレビューグリッド
http://wiki.secondlife.com/wiki/Preview_Grid
で確認出来ます)


この対策はビュアーだけでなく、
サーバー側でも行なわれるそうです。


スケジュールは、以下の通りです。

 
・7/28 7-11時(日本時間:7/28 23 時〜 7/29 3時)


  
500 SIM 程度で試験的導入


 ・7/29 7-12時(日本時間:7/29 23 時〜 7/30 4時)

  全体の半分の SIM でローリングリスタート

 ・7/30 7-12時(日本時間:7/30 23 時〜 7/31 4時)

  残りの SIM でローリングリスタート


再起動が始まる 5 分前に、
再起動を通知するダイアログが出ます。

再起動が始まると、
ほとんどの SIM は 5 〜 10 分で復帰します。

一部の SIM は
アップグレードの関係で、
20 〜 30 分掛かることもあるそうです。

もし、30 分以上経っても SIM が復帰しない場合は、
サポートに連絡してください…だそうです^^


ローリングリスタートは、
セカンドライフの世界全ての SIM を
リンデン側で
順次再起動していくことです。

ローリングリスタートは、
メンテナンスやサーバーソフトのバージョンアップの際などに
行われます。


28 日のローリングリスタートの予定は、
キャンセルされました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

パーミッション不具合対策版 Snowglobe 1.0.3

まだ公式ブログの方では発表されていませんが、

コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)

でのパーミッションの不具合の対策が適用された
Snowglobe 1.0.3 がリリースされました。


これは、Snowglobe 1.0.2 をベースに、
この不具合のパッチを適用しただけのものです。

Snowglobe 1.0.2 を安定して利用出来ていた方は、
こちらを利用してくださいとのことです。

Snowglobe 1.0.3 は、
公式サイトのダウンロードページからダウンロード出来ます。




1.0.2 が安定していなかった人のためには
現在開発途中の 1.1.0 が、
JIRA 内で公開されています。

こちらはまだほんとうに開発中のため、
新しい別の不具合が出る可能性もあるものですが、
それでもいいので試してみたいという方は、
1.1.0 も試してみてくださいということです。

こちらは、

[#SVC-4444] Objects become fully permissive when rezzed under certain conditions. - with Repro - Second Life Issues
https://jira.secondlife.com/browse/SVC-4444


のコメント内からダウンロード出来ます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月21日火曜日

SLビュアー「1.21.6」、8 月 6 日サポート終了




3 月に T Linden さんのトピック



で発表がありましたように、
より良い開発やサポートを行なうため、
サポートするセカンドライフビュアーを、
以下の 3 つに絞ります。

 ・最新の標準版ビュアー
 ・一つ前の標準版ビュアー
 ・最後にリリースされた Release Candidate (RC) 版ビュアー

現在、標準版ビュアーは 1.23.4 がリリースされていますので、
サポート対象は、

 ・1.23.4
 ・1.22.11
 ・1.23 RC4

に変更となります。

このため、
二つ前となるバージョン 1.21.6 は、

 8 月 5 日 17:00(日本時間 8 月 6 日 9:00)

で、サポートが終了します。

この時間を過ぎると、

 1.22.11
 1.23.4

いずれかのバージョンにアップグレードしない限り、
セカンドライフには接続出来なくなります。

バージョンが 1.21.6 のビュアーをお使いの方は、
ご注意ください。


ビュアーのバージョンは、

 ・ログイン画面の右下

 ・「ヘルプ」メニューの
  「Second Lifeについて...」で開くウインドウ

で調べることが出来ます。


セカンドライフビュアーの最新版は、
公式サイトのダウンロードページからダウンロード出来ます。



Snowglobe は、引き続き利用可能です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンテンツ権限の一括変更」機能の不具合

[#SVC-4444] Objects become fully permissive when rezzed under certain conditions. - with Repro - Second Life Issues
https://jira.secondlife.com/browse/SVC-4444


で、すでに問題が提起され、




でも、公式にこの内容が確認されたと発表されていますが、

 コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)

の仕組みに潜在的な問題があり、
これを使用すると、
販売などを行なったアイテムが、
ユーザーが使用する際(Rez 時)に、

 コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)

で設定する前のパーミッションになってしまうという不具合が発生しています。

この問題は、

 コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)

で、コンテンツ内のアイテムのパーミッションを一括設定した場合に発生しています。

 コンテンツ権限の一括変更(Bulk Permissions)

でパーミッションを設定したアイテムを所持している方は、
そのアイテムを配布する場合には
この問題が発生してしまう可能性がありますので、
ご注意ください。

また、この問題が解決するまでは、
この機能は使用されないようにした方がいいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月17日金曜日

通話料無料の電話サポート、日本でも可能に!




電話サポートが、
以下の国でも通話料無料で受けられるようになりました。

 日本   :0066-33-132-830

 フランス :0805-101-490
 ドイツ  :0800-664-5510
 ポルトガル:800-814-450
 スペイン :800-300-560
 イギリス :0800-048-4646

 (日本からは、国際フリーダイヤルになります)

この回線は、アメリカなどと同様、
24 時間 365 日サポートが受けられます。


ただし、
電話サポートで受けられる内容は、

 ・支払いについて

 ・アカウントについての質問
  (アカウント停止などについての問い合わせ)

のみです。

また、この回線は、
アメリカの電話サポートに繋がりますので、
オペレーターは英語が話せる人のみしか出てきません。

日本語でこれらのサポートが受けられるわけではありませんので、
その辺はご注意ください。

これはあくまでも、

 英語での電話サポートが、
 日本からも通話料無料で受けられるようになった

という話です^^

日本語でのサポートが必要な場合は、
従来通り、日本語サポートへメールで問い合わせを行なう必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月15日水曜日

プレビューグリッド、メンテナンス終了ー♪




予定よりも早く始まった、プレビューグリッドのメンテナンスですけれど、
無事、終了してましたー^^

入ってみましたけど、
ちゃんと、最新の持ち物&装備になってるようです。

よかったよかった^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月13日月曜日

メンテナンス始まってます@@(プレビューグリッド)




本来 15 日に行われる予定だった
プレビューグリッド(Aditi)のメンテナンスが、

プレビューグリッドの持ち物サーバーのディスク容量が
予定よりも早く足りなくなってしまったため、

13 日に始まってしまいました@@

現在、プレビューグリッドにはログイン出来ない状態になっていますので、
ご注意ください。

[予定変更]プレビューグリッド、メンテナンス&持ち物更新
http://sakuranoelfayray.blogspot.com/2009/07/blog-post_3681.html
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月11日土曜日

[予定変更]プレビューグリッド、メンテナンス&持ち物更新




プレビューグリッド(Aditi)のメンテナンスおよび持ち物データベースの更新が、

7 月 15 日
に行われます。

 
(日本時間だと、7/15 16:00 〜 7/16 15:59 までのことだと思われます)


コメントに書いています通り、
プレビューグリッドの持ち物サーバーのディスク容量が足りなくなってしまったため、
予定より早く 13 日にメンテナンスが始まりました。
予定が変わっていますので、ご注意ください。


プレビューグリッドの持ち物サーバーのディスク容量が不足しているため、
まず、この増設作業のメンテナンスが行われます。

次に、メイングリッド(Agni)の全てのアカウントの持ち物を、
プレビューグリッドの持ち物サーバーに反映させます。

プレビューグリッドの持ち物は、メイングリッドのこの時点の物に置き換わります。
現在プレビューグリッドで作業している持ち物は失われますので、注意が必要です。

この作業は、メイングリッドには影響しません。

今週末の利用状況によっては、このスケジュールは早くなるかも知れません。
その場合は、上のブログの内容が更新されますので、必要な方はチェックを忘れないようにしてください。


プレビューグリッドの持ち物データベースの更新の際には、
今までプレビューグリッドに入れなかった新しい住人が
入れるようになることがあります。

現在、プレビューグリッドに入れない方は、
この作業の終了後、再挑戦してみてください^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月9日木曜日

HTTP-In、SL Server 1.27 で登場

Second Life Server 1.27 では、
LSL の新機能として

HTTP-In
(※開発中のコードネームです)


が導入されます。



HTTP-In は、
個々のプリムがそれぞれ 1 つの簡易 HTTP サーバーになるという、
全く新しい概念の機能です。






プリムが HTTP サーバーとなることで、
SL外からの通信が容易になることはもちろん、
インワールドでも、
プリムに直接 HTTP 通信が出来るようになります。

また、XML-RPC や llEmail のように、
セントラルサービスで
これら全てのデータを処理しなければいけない状況も解消されますので、
(HTTP-In は、プリムが存在する SIM 単位で処理されます)
システム全体の安定性の向上にも繋がる改善だそうです。


一番の特徴は、
インワールド内の離れたプリム間の通信が、

 メールやチャットなどを介して行なわなくてよくなる

という点です。

メールの場合は、

 1 回の送信毎に、
 スクリプトの実行が 20 秒間止まってしまう

という仕様がありました。

チャットの場合は、
メッセージが届く距離に制限があります。

HTTP-In では、
プリムの URL さえ取得出来れば、
それらの制限なく、
高速に
そしてセキュアな通信が出来るようになります。


この HTTP サーバー機能は、
現在、プレーンテキストの配信のみ対応しています。

現在は、データのやり取り部分に重視が置かれていますので、
それ以外の機能は、将来の予定になります。


HTTP-In が搭載されても、
llEmail が無くなることはありません。

llEmail を使用して通信をしているスクリプトが
HTTP-In へ移行することで、
メールはより良い形で利用されるようになると
リンデンは予測しています。


XML-RPC は、
今すぐや数ヶ月先といった段階ではありませんが、
ユーザーからのフィードバックなどから判断して、
終了させる予定です。

もし、HTTP-In への移行が難しい物があれば、
Kelly Linden さんへ直接コンタクトを取るか、
secondlifescripters@lists.secondlife.com のメーリングリストへ
投稿してください。


HTTP-In は、現在
プレビューグリッド(Aditi)の
Second Life Server 1.27 の SIM で
試すことが出来ます。

HTTP-In はサーバー側の機能ですので
全てのビュアーで作成/動作出来ますが、
スクリプトエディタでの強調表示などに対応しているのは、
1.23 以降のビュアーのみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本語サポートについて


リンデンの日本語サポートについて、
どういう形で運用されているかなどが
なかなか伝わっていないところがありますので、
その辺を紹介してみますね^^


リンデンの日本語サポートの担当は、
現在は

 Chiyo Linden さん

お一人です。

Chiyo Linden さんお一人で、
全ての日本人のサポートをされています。

 (リンデンのサポートは、
  会社全体で 30 名ほどだそうです)

Chiyo Linden さんの所属は、
サポートの中の
インワールドチーム(I-World)になります。


Chiyo Linden さんは、

 平日 :4 時間
 土曜日:7 時間
 日曜日:お休み

というシフトだそうですので、
常時、対応出来るわけではありません。


また、

 日本語サポートの担当

と言うと、

 日本語サポート専門

だと思ってしまう方も多いと思いますが、
リンデンでは「日本語サポート専門」というのはなくて、

 英語のサポート+第二言語があればそのサポート

となるそうです。

つまり、Chiyo Linden さんの場合は、

 英語のサポート+日本語のサポート

ということになります。

一応メインは「日本語サポート」ということにはなっているそうですが、
英語のサポートで手が足りない場合は、
そちらの応援に行くこともあるそうですので、

 日本語のサポートのお仕事だけをしていればいい

という状況ではないそうです。

実際、オフィスアワーの途中でも、
サポートチャットの対応に追われていることもあるくらいです。


Chiyo Linden さんは、
リンデンの本社勤めではなくて、
リモート勤務されています。

このため、
サポート以外の他の部署への問い合わせなどは、

 会社ですぐに担当者に渡す/その場で説明する

ということが出来ませんので、
その辺で時間が掛かってしまうこともあるそうです。


こういった状況から、
日本語サポートでは
どうしても

 メールが届いてから、2 〜 3 日以内に回答

 他の部署が絡んでいる問い合わせは、
 時間が掛かってしまう

という形になってしまうそうです。

英語のサポートのように
迅速かつ充実したサポートは
まだまだ無理な状況だそうですので、

 (今無理して Chiyo Linden さん倒れちゃったら、
  「日本語サポート終了」ということも
  無いとは言えない話ですので…><)

日本語サポートに問い合わせなどをされる方は、
その辺も考えながら
メールされるようにしてくださいね^^


 (Chiyo Linden さんのオフィスアワーより)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月8日水曜日

ローリングリスタート、一部日程変更


(Update) Rolling Restarts, Weeks of July 6th and 13th
http://status.secondlifegrid.net/2009/07/02/post682/


今週と来週に行われるローリングリスタートのうち、
パイロットローリングリスタートの日程が
変更になりました

 7/8 7-10時(日本時間:7/8 23 時〜 7/9 2時)

から

 7/9 7-10時(日本時間:7/9 23 時〜 7/10 2時)

へと変更になります。

7/14 と 7/15 分は
変更ありません。


ローリングリスタート、1.27 導入
http://sakuranoelfayray.blogspot.com/2009/07/127_873.html

の内容は、すでに修正済みです^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月4日土曜日

アダルト大陸「Zindra」拡大&スケジュール変更




アダルト大陸「Zindra」へのお引っ越し希望は、
現在 700 のリクエストがあります。

それらについては現在処理中ですが、
住人からの様々なフィードバックから、
いくつか変更を行なうことにしました。


リクエストの土地のサイズが予想より大きく、
さらに、多くの人が海岸線を希望しています。

このため、予定よりも早く、
新しい土地(※SIM のことだと思います)を
開放することに決めました。

本日、現在の Zindra 大陸の東に、
ここ数日間のうちに Zindra 大陸の南に、
新しい領域が開かれるでしょう。

それらを再考慮する時間として、
しばらくチケットの処理を停止します。

チケットの処理は 7 月 8 日に再開しますので、
それまでに
新しい領域に変更するかどうかを決めてください。

もし変更する場合は、
7 月 8 日までに
チケットに新しい領域に場所を変更することを
コメントしてください。
(SLurl もお忘れなく)

この変更ため、
チケットの受付終了も
7 月 24 日までに延期されます。


チケットを素早く処理するため、
より詳細な情報の追加もお願いします。

 ・アダルトコンテンツの内容の説明

 ・あなたの土地のどこにそれがあるか
  (SLurl で)

これらの情報が現在のチケットに無い場合は、
チケットにコメントとして追加しておいてください。


今回のお引っ越し(土地の等価交換)は、
アダルトコンテンツで商業活動をしている人

 ・アダルトコンテンツを販売している人
 ・アダルトコンテンツを使ってサービスを提供している人

のみ対象です。

それ以外の人は対象となりませんので、
ご注意ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

グループ IM で発生している通信障害について




Second Life Server 1.26 になって、
グループ IM の通信が失敗する頻度が高くなってしまいました。

これは、1.25 の時の配送率を 1.0 とすると、
0.32 まで落ち込んでしまっています。

これを回復するために、
現在サーバーコードの修正が行なわれていて、
それらは 1.27 に盛り込まれます。

1.27 では、
1.26 で発生している配送失敗は 0 となり、
グループ IM の通信の配送率は
3.26 まで向上します。

これは、
1.25 までの品質に比べても 3 倍です。

1.27 では大幅に改善出来ますので、
もうしばらく辛抱してください。

…ということです^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月3日金曜日

ローリングリスタート、1.27 導入

ローリングリスタートが、
来週と再来週行われます。




Rolling Restarts, Weeks of July 6th and 13th
http://status.secondlifegrid.net/2009/07/02/post682/


ローリングリスタートは、
セカンドライフの世界全ての SIM を
リンデン側で
順次再起動していくことです。

ローリングリスタートは、
メンテナンスやサーバーソフトのバージョンアップの際などに
行われます。

今回は、

 Second Life Server 1.27

導入のために行われます。

SIM のサーバーソフトのバージョンアップということです^^


スケジュールは、以下の通りです。

 
・7/8 7-10時(日本時間:7/8 23 時〜 7/9 2時)

 ・7/9 7-10時(日本時間:7/9 23 時〜 7/10 2時)

  500 SIM 程度で試験的導入

 ・7/14 7-12時(日本時間:7/14 23 時〜 7/15 4時)

  全体の半分の SIM でローリングリスタート

 ・7/15 7-12時(日本時間:7/15 23 時〜 7/16 4時)

  残りの SIM でローリングリスタート


再起動が始まる 5 分前に、
再起動を通知するダイアログが出ます。

再起動が始まると、
ほとんどの SIM は 5 〜 10 分で復帰します。

一部の SIM は
アップグレードの関係で、
20 〜 30 分掛かることもあるそうです。

もし、30 分以上経っても SIM が復帰しない場合は、
サポートに連絡してください…だそうです^^

日程が変更になりましたので、
スケジュールを変更しておきます^^
このエントリーをはてなブックマークに追加

Snowglobe、好調な出足




Snowglobe は、

 ・1 日あたり数千人のユーザーが利用中で、
  現在も増加中

 ・クラッシュ率は標準版よりは若干高いものの、
  実験版としては OK

という理由から、
好調な出足だとリンデンさんは判断しているそうです。

また、引き続き利用して欲しいと呼びかけていますので、
Snowglobe の成果が標準版に盛り込まれる可能性は
高くなってきたのかもしれませんね^^


ちなみに、この記事を書いているのは、
フィリップ会長です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月2日木曜日

「メンター」をご存知ですか?

みなさんは、

メンター
(Second Life Mentor)



をご存知ですか?


セカンドライフでは、
多くの住人が、それぞれ個々に
ボランティア活動を行なっていたりします。

それらは、素晴らしい活動だと思います^^

でも、
周りの人だけで解決出来ないようなことが起こった場合に、
それらの人でも、
どこに相談していいか分からなくて
困ってしまうこともあると思います。

たとえば、

 ・質問されたけど、
  それに答えられる人がいない

 ・ブログなどで新しい情報が出てきたけど、
  英語なので詳しいことが分からない

 ・お店や家に外国の人が来たけど、
  言葉が通じなくて困っている

といった場合ですね。

そういう時に、
より豊富な知識と経験で手助けをしてくれるボランティア制度が、
セカンドライフには用意されています。

それが、

 メンター(Second Life Mentor)

です。


メンターは、
リンデンラボが公式に運用しているボランティアプログラム


The Official Second Life Volunteer Program
http://secondlife.com/community/volunteer.php


に参加している人のみなれるものです。

つまり、

 セカンドライフ(リンデンラボ)公認のボランティア

です。


メンターは、

 豊富な知識と経験

そして何よりも、

 ボランティア活動を楽しむ

という気持ちを持っている人です^^

困っている人がいれば、
インワールドのどこでも飛んできてくれたりします。

必要であれば、
世界中のメンターに呼びかけて、
必要な人材集めることだって出来ます。

どうしても自分の周りで解決出来ないようなことがあった場合には、
メンターに相談してみてください。


メンターは、「公認ボランティア」という特別な位置付けにある人ですが、
リンデンさんのような力はありません。

リンデンさんにしか出来ないこと、
たとえば

 ・他の人のものを移動したりすること

 ・SIM の障害の解決

 ・アカウントホールド(アカウント停止)などの解決

といったことは出来ません。

そこは、普通の住人と変わりません。


メンターが持っている唯一の特権は、

 ヘルプアイランドへ行って、
 セカンドライフに生まれたばかりの人の手助けが出来る




  (前はオリエンテーションアイランドでも活動出来ましたが、
   現在は、オリエンテーションアイランド自体無くなっています。
   http://wiki.secondlife.com/wiki/Orientation_Island

です。

ヘルプアイランドは、
普通の住人は、一度ここを離れると二度と戻ることは出来ませんが、

メンターは、自由にヘルプアイランドへ戻って、
生まれたばかりの人を手助けすることが出来ます。

 セカンドライフにアカウントを取ったけど、
 まず、何をしたらいいか分からない><

という経験をされた方も少なくなかったと思いますが、
メンターは、
そこでも手助けをしてあげることが出来ます^^

これは、メンターだけの特権です。

もし、

 お友達がアカウントを取ったけど、
 ヘルプアイランドで迷ってる…><

ということがありましたら、
その場合も、メンターに相談してみてください。


メンターは、

 Second Life Mentor

のグループに所属している人のみ
メンターとして活動が出来ます。



 (正確には、
  「Second Life Mentor」のグループタグを出している時のみ
  メンターとしての活動が許されています)

ですので、
こちらのグループから来てもらえそうな人を探すのがいいのですが、

ここには世界中のメンターが登録されていますので、
この中から、日本語を話せる人を探すのは困難です><

そういう場合は、




から連絡がとれそうな人を探してみてください。


ちなみに、私もメンターです。


2008 年 5 月から活動しています。

もし私でお力になれることがありましたら、
お気軽に相談してみてくださいね^^


もちろん、
メンターも「一住人」です。

また、メンターは、
自分のプライベートは保証されていますので、
メンターに助けを求めたからといって、
必ず来てくれるとは限りません。

そこはあくまでも

 ボランティア

です。

「サポート」などではありませんので、
その辺は間違えないようにしてください。
このエントリーをはてなブックマークに追加

サポート説明会も行われてます

Chiyo Linden さんのオフィスアワーの一環として、
「サポート説明会」も開催されています。


サポート説明会は、
サポート担当の Chiyo Linden さんが日々のサポート業務の中で、

 こういうことを住人へ伝えたいなー

と思っていらっしゃることを伝える場です。

そのため、オフィスアワーとは違い、
Chiyo Linden さんからのテーマに沿った説明会の場となっています。


テーマは、毎回変わっています。

 第1回 :リンデンラボのサポート体制について
 第2回 :アカウント種別とその違いについて
 第3回 :プライベートアイランドの管理など
 第4回 :利用規約にもとづいた複数アカウントの利用
 第5回 :よくある質問「トップ10Q&A」
 第6回 :Abuse Report - 嫌がらせ報告のノウハウ
 第7回 :サポートの全般、持ち物の管理
 第8回 :オープンスペースについて
 第9回 :ところでセカンドライフって何?他のゲームとの違いは?
 第10回:お茶会
 第11回:プレミアムアカウントの特徴、メインランド、又プライベートのアイランドについて
 第12回:アダルト大陸ZINDRAの紹介、またそれに関する年齢認証について

 (第3回のみ、時間の関係で、
  前後半2回に分けて開催されました)

その時話題の内容が、テーマとなることが多いです。

 (第10回のみ、ノンテーマで雑談会が行なわれました)


会場は、
第1回のみ World Island SIM でしたが、
それ以降はリンデンビレッジとなっています。

ただし、会場は人数やテーマによって変わる可能性もありますので、
会場移動の看板などが出ている場合は、その指示に従ってください。


サポート説明会は、
通常の Chiyo Linden さんのオフィスアワーとは違い、
そのログは全て公開されます。




雑談なども公開されてしまう場合がありますので、
その辺はご注意ください。


開催日は、不定です。

Chiyo Linden さんのオフィスアワーの一環として行われていますので、
基本的には、金曜日の 21:00〜21:50 頃となりますが、
いつ開催されるかは
Chiyo Linden さんのスケジュール次第となっています。

 (多い時は、隔週で開催されていました)

いつ開催されるかや
次回のテーマに関しては、
Chiyo Linden さんのオフィスアワーで話がありますので、
そちらで情報収集されることをお勧めします。

 (私がお知らせ出来る時は、
  NaviSL SNS やソラマメでお知らせしています^^)


テーマに関しては、
普段から募集が行われています。

Chiyo Linden さんのオフィスアワーの会場にある郵便ポストが、
サポート説明会のテーマ専用受付窓口になっています。


もし、

 こんなテーマの内容を説明して欲しい!

ということがありましたら、
ノートカードに記入後、
郵便ポストへ投函してください^^

郵便ポストはサポート窓口ではありませんので、
サポートして欲しい内容などは書かないようにしてくださいね。
このエントリーをはてなブックマークに追加